×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

オゾン水生成器は水中に溶けているオゾンの量で評価

オゾン水生成器の評価は、水中に溶けているおオンの量、「〜ppm」という単位で評価されます。
この数値が高いほど、値段も比例して高くなります。
ちなみに、2ppm以上の濃度があれば、ほぼすべての雑菌を瞬時に除菌可能です。
オゾンバスターは、3ppm〜5ppm程度のオゾン水を生成することができます。
そして、オゾンバスターは高濃度でも低価格であることがわかります。
オゾン量の濃度は最大で5ppm以上の高濃度になり、ウイルスや細菌への除菌力が非常に強力!

オゾンバスターは簡単操作で高濃度オゾン水を生成、メンテフリーの安心設計!

オゾンバスターは、水に入れて電源を入れるだけの簡単ステップで、高濃度オゾン水が生成できます。
手のひらサイズの小型・軽量で場所を選ばず使うことができます!
オゾンバスターは高品質な製品で、付属品や、カートリッジ交換等の、手間は一切必要ありません。
さらに、追加でメンテナンス費用が掛からないようにと、考えて設計されていますので基本的にはメンテナンスフリーです。

オゾンバスターのオゾン水濃度に絶賛のお客様の声

5ppmクラスのオゾン水を生成(M歯科医院さん)
オゾンバスターの作業効率、つまりどの程度の濃度のオゾン水が出来上がっているのかと言うことを失礼ながら疑ってかかり、簡易測定法で確認いたしました。
500ccの容器内で2分程度の時間で作成しましたオゾン水濃度を測定しました。
簡易的に2ppm程度の値を示していました。おそらく十分時間をかければ5ppmくらいまで行くのではと思います。
※ その後の使用で1リットルくらいの容量水で、十分時間かければ5ppmクラスのオゾン水が作成可能とわかりました。

600mlが2分で4ppm(T歯科クリニックさん)
オゾン水は有機物に触れると瞬時に分解してしまうため、高濃度少量よりも最低限度をクリアしている状態で多量のほうが効果的と考えているので4ppmなら文句なしです。
通電時間を更に2分延長するとほぼ5ppmまで達します。使用時のオゾン臭はちゃんと動いてるバロメーターとして目をつぶりましょう。
恐らく近いうちに追加購入する予定なのでよろしくお願い致します。

高濃度のオゾン水が作れ、しかも値段が安い!(Iさん)
他の商品に比べて、オゾンバスターは作りがシンプルで、高濃度のオゾン水が作れる、しかも値段が安い、ということで、これしかないと思い購入しました。
小型で持ち運びが簡単なので、どこでも使えて本当に便利です。
あらゆる除菌目的で使っていきたいと思っています。

このページでは高濃度オゾン水生成器オゾンバスターの性能や効果の情報を紹介しています。ほかにもオゾンバスターのお客様の口コミ情報をまとめ、オゾンバスターが様々な場所でどんな使われ方をしているのかを掲載する予定です。